スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







預貯金だけから資産運用の時代へ


金融不安が解消されないため、国内の金融商品が大きく低迷し
ているので、個人投資家も見送る傾向が強まっています。



しかし、だからといって、資産運用から目をそらすことはできませ
ん。これからは自分で何から何まで管理を迫られる時代なので、
積極的に資産運用に関心を持ってもらう必要があります。



これまで日銀はデフレ脱却を目的に、超低金利政策ともいうべき
量的緩和政策を、長きに渡ったて続けていました。


このため、預金金利もゼロに近い水準に落ち込みました。


それが、折から日本人の貯蓄率の低下に拍車をかけました。


その後、日本経済は2003年あたりから回復基調を示してきたの
ですが、この貯蓄率の低下はそれ以降も続いています。



貯蓄率の低下は、ペイオフの全面解禁により銀行預金も一定額
以上は保護されなくなったことなども影響したと思われます。



そして、さらに郵政民営化によって、郵貯資金が大量に流出した
ことも大きな要因とされています。



また、それなりに景気回復した後も、個人は自らの資産を積極的
に運用し始めました。こうして、私達の資産は貯めておく時代から
運用する時代へと変化しました。



こうしたことから、お金は後生大事にしまっておくものから、お金に
多少リスクを背負わせても働いてもらう時代へと政府は意図的に
作り上げた方向に変わりました。



【海外投資】 日本だけでお金を運用するのはもったいないです




※投資は自己責任でお願いします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

資産運用が分かる海外分散投資入門トップへ







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。