スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







債券取引の仕組みについて




■国債の取引の仕組み


今回は債券の仕組みについて簡単ではございますが国内の例を解説させていただきます。
今現在、債権取引の中心となっている国債は、財務省による入札によって発行されます。


【PR】 CFDなら世界中の海外資産に投資できます!




実際に、この入札に参加出来るのが国債市場特別参加者と呼ばれる証券会社や銀行
はじめとする様々な金融機関、機関投資家などで一般の投資家は参加できません。


また日本の国債市場特別参加者にあたるものを米国ではプライマリーディーラーと呼ぶ
こともありますが、この「プライマリー」の市場というのは発行市場のことをを示します。


そしてプライマリーに対して「セカンダリー」という表現がありまして、これが流通市場です。


また、国債は原則として発行日から取引所に上場されます。

30代~50代のための海外投資「超」入門





■国債のマーケットは閑散としている?


取引所における売買は株式などに比べれば極端に少ないです。


ですので、国債は取引所に上場されて売り買いされるよりも、直接銀行や証券会社と機関
投資家の間か、もしくは業者と業者の間などで売買されてます。


直接取引は取引所取引と区別するため、店頭取引(オーバーザカウンター)とも呼ばれて
ます。店頭取引といっても、証券会社などの店頭窓口で行われるのではありません。


基本的に電話などを通じて取引が行われています。その姿を見たらきっと驚くことでしょう!!


【PR】 海外資産の取引は手数料が格安なCFDが断然お得!









テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 海外投資 外貨投資 資産運用

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。