スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







海外ETFの凄すぎる魅力とは?


海外ETFは、種類が豊富にありまして、株、為替、不動産、商品といった具合に投資対象が多すぎて
迷ってしまうほどです。ここ数年間で人気が一気に拡大しています。


また、種類が豊富なだけでなく国境を越えて投資することが出来るのも大きな魅力です。


例えばフィリピン株に投資しようとしても個人では難しいですが、海外ETFを利用すれば簡単です。
ETF市場が拡大することを見込んで上場する数も年々加速的に増えています。


ですので、海外ETFは商品数が拡大傾向にありますので市場規模が縮小するこは考えにくいです。


これまでETFの主力とされていたのは株価指数に連動した商品ですが、今現在では上述したとおり
商品=コモディティや不動産=リートに連動したものが急速に増えています。


そうした状況にありながら、世界的に金融不安が拡大しています。


ユーロ諸国が酷いことになっていますが、金融はつながっているので世界中の国々が大なり小なり
痛むことになります。事実、世界中の株式市場が大きく低迷しています。


その結果として現物資産へマネーが移行します。


しかし、欧米では不動産バブルが崩壊し不動産価格が暴落している最中にあるため、不動産へ投資
する動きは鈍化しています。現物資産としては依然として金の需要が大きいようです。


これまで過剰に値をあげてきた一部の商品を除いて、コモディティの需要が依然として高いです。


また、金融不安が進むにつれてリスクを回避したいとする動きを意識してか、債券指数に連動する
ETFも増えています。世界中のニーズを確実に食うのがETFの凄さなんですね。


しかし、主流はあくまでも株価指数です。株式指数に連動する海外ETFの代表がダウ・ジョーンズ
工業株30種平均やS&P500指数、ナスダック総合指数に連動したものです。


もし外国株式へ投資することを検討されているのであれば、これを機会に上述した市場に関連した
ETFへ投資することを検討されることをオススメします。


何といっても少額の資金で投資できるのは大きな魅力です。とくにCFDであれば一つの口座で複数
の商品を証拠金取引できるので非常に投資効果が高いです。


いきなり個別銘柄に投資するよりも分かりやすいです。外国の株式市場に上場する企業の情報を
入手するのは容易ではありませんが株価指数は値動きを追いかけるだけで十分利益がだせます。


もちろんファンダメンタルズはある程度必要ですが、個別株へ投資するほどではありません。


大手金融機関の影響をモロに受ける格好となっているダウよりも、ハイテク銘柄が多数上場して
いるナスダック100指数を対象としたETFが今現在人気が高まっています。


海外ETFは国内にいながら海外投資することができるのが大きな魅力です。

-------------------------------------------------------------------------------------
「PR」 背中脱毛ならエステ脱毛が一番!お肌にやさしいエステ脱毛はココ!
-------------------------------------------------------------------------------------







テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 海外ETF

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。