スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







市場介入による為替の変動について


今現在、とてつもないペースで金融危機が拡大しているため、世界中
の金融市場で混乱が続いているわけですが、こうした影響から為替
相場も極端な外貨安円高が続いています。



こうした緊急時に自国の通貨を適正な水準に維持する手段として政府
や中央銀行が外国市場で通貨の売買を行ないます。



そして、これを「市場介入」といいいます。上述した通り極端な円高が進
んでいることから貿易面で世界中の国々に不利益を与えることになりか
ねないため、市場介入が行なわれようとしています。



実際に為替レートは、色々な要因によって変動するのですが、極端に
一方向に進んでしまいますと、大きな弊害を生むことになります。



そして、極端な円高や円安になると輸出入業者に大きな影響を及ぼす
ことになるのですが、こうした事態を想定して、為替予約をおこなったり
するわけですが、損失を抑えるのにも限界があります。



特に日本経済は輸出に依存して成り立っているため、今現在のように
円高ドル安が進むと必然的に輸出する製品が割高になります。



現地で他国との製品と見比べて明らかに価格面で不利となりますので、
トヨタやキャノンのような優良企業も大きな打撃を受けます。



ですので、経済を安定させるためにも為替を一定の水準まで引き戻す
ために国が主導する格好で市場介入が行なわれるのです。



そして、外国為替市場や株式市場では、市場介入はプラス材料として
受け入れられるケースが多いです。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。