スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







通貨分散する際の注意点について



実際に海外分散投資の手段としてスワップポイントを狙ったFX取引
で複数の通貨ペアに投資するのも一つの手段です。



しかし、注意しなければならないのは為替変動リスクです。相関性
の高い通貨ペアを保有しても分散効果は低いので、せっかくこれま
でに積み上げてきたスワップポイントが飲み込まれてしまいます。



ですので、まず相関性の低い通貨に分散して投資することと、為替
が大きく変動した場合には、為替差損をスワップポイントでカバーす
ることはできないと心得た上で取引する必要があります。



この点をしっかりと考慮して取引する必要があり、そしてポジション
を立てる前にどれだけリスクを取ることができるか検討します。



そうした上で、円高が進んだ場合にどの水準までなら耐えられるの
か明確にした上で適切なポジションを建てます。



そして万が一円高が予想を超えて一気に円高が進んだため、追証が
発生してしまった場合でも難を逃れるための資金はしっかりと確保し、
ぜったいにその資金には手をつけないようにしなければなりません。



また、一方は含み益がでているにも関わらず、もう一方のポジション
に含み損がでている場合はポジションを閉じてからポジションを取り
直すことで損失を抑えながら投資効果を高めることができます。



基本的にスワップポイントを狙ったFX取引は為替差益を狙ったFX
取引とは手法がことなりますので、十分注意する必要があります。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。