スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







FXに慣れるまではクロス円で取引する


FX取引の魅力の一つとして投資対象となる銘柄が少ない点があげ
られます。「少ないのはデメリットでは?」と、もしかしたら思われる
かもしれませんがそれは違います。



例えば株式投資の場合は東証1部銘柄だけで2400以上あり、この
中から、自分に合った銘柄を選びなさいといわれて、貴方は実際に
選ぶことができますでしょうか?。



正直なところ難しいと思います。ですので、株式投資はそれなりの
経験を積まなければならないわけですが、FXの場合は銘柄(通貨
ペア)が少ないので選びやすいのです。



FXでは通貨ペアを称する言葉としてクロス円があります。これは
一体どういう意味かといえば、ドル・円以外の対円の為替レート
をさし、ユーロ・円、豪ドル・円がそれにあたります。



ここ最近、金融不安から色々と問題が多いですが基軸通貨である
米ドルを基準にレートは形成されるので米ドルは無視できません。



なので、各レートには必ず米ドルが入るわけですが、豪ドル・円の
場合は豪ドル・米ドルと米ドル・円の2つのレートを組み合わせた
上で算出されますので、慣れないとややっこしいです。



ですので、上述した通り円を基本にクロスさせて求められること
からクロス円レートといい、基本的に米ドル以外の通貨は、今の
ところ全てクロス円での表示されています。



クロス円以外の通貨ペアで取引するのも良いのですが、クロス円
以上に複雑になりますので混乱します。なのでFXを始められたば
かりであればクロス円を中心に取引するほうが良いでしょう。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。