スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







クロス円では分散投資効果は低い



FX取引であれば複数の通貨に投資することが容易に出来るの
で、他の金融商品への投資以上に分散投資効果が狙えます。



しかし、注意しなければ、クロス円といって、米ドル以外の通貨
での日本円レートでの取引です。



こうした場合は、分散投資効果は低いので注意しなければなり
ません。例えば、ドル円が下落すれば、ユーロ円や、ポンド円
も同様に下落する可能性が高いのです。



理由としてはクロス円の通貨ペアは全てベースはドル円にあり
ますので、必然的にドル円の動きに連動します。



米ドルは、基軸通貨といって世界の決算つうかでもありますの
で、米ドルを為替市場では基準として取引されます。



このため、各レートのいずれかは米ドルが大きく関わるような
仕組みになっているわけです。



こうしたことから、日本円の場合は、米ドルと直接レートが決ま
りますが、上述したとおりユーロやポンドに場合には、レートは
米ドルのレートを組み合わせて求めます。


こうしたことから、分散効果は必然的に弱まります。


分散投資を行うのであれば、日本円以外の通貨ペアを建てる
ことで、分散効果を高めることができます。



その場合も、ドルの動きに相関性が低い通貨を選ぶ必要があ
りますので、チャートでドルの動きに連動していないかを、予め
確認してから投資すべきでしょう。


【海外投資】 日本だけでお金を運用するのはもったいないです




※投資は自己責任でお願いします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

資産運用が分かる海外分散投資入門トップへ







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : クロス円 ユーロ ポンド 米ドル 通貨

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。