スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







為替市場と為替取引の仕組について


本来、為替とは銀行法の定義によりますと「隔地間において、場所
を隔てている物同士が、直接現金を送金することなく、資金授受の
目的を達成すること」となっています。


「かわせ」とは「交わし」がなまった物と言われ交換を意味します。


為替は江戸時代に生まれた言葉のようです。当時の江戸は消費が
拡大することとなり、商人は大量の仕入れを大阪から行なっていた
ことから、そこで誕生したのが「為替」です。



江戸から大阪、大阪から江戸の間で、品物の買い付けで動く資金
を両替商が帳面で残高を管理しました。こうして、現金を輸送する
ことなく決済する仕組みをつくりました。



そこで支払人から受取人へ支払う金銭が為替銀とよばれ、実際に
銀行が行う送金業務の原点となっています。



海外への送金も基本的には上述したことがベースとなっています。
インターネットの普及により、これまででは考えられないほど海外
口座の開設や、海外への送金が簡単になりました。



FXなどの外貨投資も良いのですが、将来的なことを考えた場合は、
ある程度資産を海外へ移しておいた方が良いでしょう。



そして、国内の金融機関と違って預貯金の利回りが高いだけでは
なく、資産運用に関する様々なサポートを受けられます。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。