スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







商品ファンドの投資効率の高さについて

昨年後半から今年の夏ごろまでは商品先物市場にファンド筋の資金
が大量にながれたため商品市場は文字通り活況でした。



しかし、金融恐慌によって世界的に景気減速が加速することとなった
のでリスク回避のため資金の流出が加速しました。



こうしたことから、一部の商品を除いて商品市場全体が低迷している
わけですが、新興市場が成長していく過程で商品需要が今後も高ま
る可能性がたかいので今現在は良い調整時期だと思います。



ですので今回は、商品先物を中心に運用している商品ファンドについ
て誠に簡単ではございますが解説させて頂きたいと思います。



商品ファンドの代表的なものとして、商品指数ファンドがあげられるの
ですが、商品ファンドの特徴としましては商品市況の影響をモロに受
けるため、変動率が高いことを念頭に投資する必要があります。



事実、今年に限ってみれば金融不安がこれほどまでに浮上するまで
は比較的順調に推移しておりました。そして7月に入ると原油価格が
下降し始めたことで一気に商品市場全体が下降しています。



しかし、その後、原油価格が低迷している中で金の安全資産としての
魅力が高まったことを受けて、金の価格が大きく上昇したのです。



そして、商品ファンドの特徴として、株や債券との相関性が低いことが
あげられ、今現在のような状態であれば魅力的です。



しかし投資額が10万ドル前後と非常に高いので、誰でも気軽に投資
できるものではないのがネックとなっております。



もう少し低額の物として、商品先物系のファンドオブファンズがあるの
ですが、これらのファンドのリターンは非常に高くなっており、30%前
後の利回りの物がゴロゴロとしております。



そして、上述したとおり、商品系のファンドは高額ですが、これらの中
には、1万ドルから投資できるものもあります。



ですので、ハイリスクハイリターンの典型ですが、ポートフォリオの中
に商品系ファンドを組み込むことができます。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ファンドオブファンズ

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。