スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







コストの低い金融商品を選ぶメリット



海外資産への投資にかぎらず、金融商品を選ぶポイントとして大切
なのは、コストの低いものを選ぶことがあげられます。



コストとは、売買などに関わる諸経費のことで、金融機関に勧められ
るままにコストの高い投資信託などを購入してしまいますと得られる
はずの利益がどうしても削られることとなります。



仮に5%で運用できる金融商品を購入したとしても、手数料で3%
程度徴収されてしまいますと、実質2%でしか運用できません。



10年以上の長期で投資するのであれば問題ありませんが、1~2
年程度であれば、利回りに大きく響きます。



投資信託は、ありとあらゆる金融商品を独自の分析力・情報収集力
で、投資をおこなうファンドマネージャーによって運用されます。



また、ファンドマネジャーによって運用されるものをアクティブファンド
といい、一方、日経平均株価など指数に連動し、コンピューターによっ
て管理されるファンドをインデックスファンドといいます。



基本的にアクティブファンドのほうが手数料が高く設定されているの
ですが、手数料以上の運用成績をだしてくれれば問題ありません。


しかし、そのようなファンドが少ないのも事実です。


投資信託には、売買に関わる手数料以外にも、ファンドを保有して
いる間ずーと徴収されることとなる信託報酬があります。



信託報酬の手数料は重要で、ファンドを購入する際には必ず上述
した手数料を調べて他のファンドと比較検討する必要があります。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 日経平均株価

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。