スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







新興国公社債の配当は再投資が基本


ここにきて海外資産への投資がより活発化しています。


日本株が低迷しているため、国内の投資信託も元本割れしているものが多く、金融商品として
の魅力にかけているため、海外資産への投資を金融機関側も勧めるケースが増えています。


彼らからすれば手数料が稼げるうえに、利回りが高いので国内の金融商品と比較して勧めやす
いことから、ここにきて新興国公社債などの商品が売れているようです。


償還するまで持っていれば、満期時のリターンは国内の投資信託の利回りとは比較になりません。


また、タイプもかなり豊富に用意されています。


依然として定期的に配当が支給される方が、国内の投資化の間では好まれるようなんですが、
お勧めしません。トータルでみれば大きな損失を被っているんです。


定期的に配当を受け取ると、その分手数料が増しますし、税金面でも損します。


配当金を受け取らずに、再投資する形で買い増しされた方が高い運用効果を得られます。


途中でどうしてもお金が必要になった場合は、当初の条件は破棄することになりますが、途中
解約することもできますし、また、商品によってはスイッチングも可能です。


海外ファンドへの投資は、中長期が基本となりますので、投資する目的を明確化されることを
おすすめします。そうしないと周囲の変化に右往左往、翻弄されることになります。







スポンサーサイト

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 新興国公社債 配当 再投資

高利回りが魅力の海外資産に注目集まる



ここにきて再び海外資産への投資似注目が集まっているようです。


大きな理由は、国内市場が低迷しているため、投資信託など元本割れしているものが少なく
ない上に利回りが期待できないため、高利回りが期待できる海外資産に注目が集まってます。



「一部転載:web R25」

『利回りは日本株の7倍も! 海外投資するなら今のうち?』
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110530-00000006-rnijugo-bus_all



「リスクが高くて危険」「自分とは縁遠いもの」─。海外投資に対して、こんな印象を抱いている
人は多いだろう。しかし、じつはそんなに恐れることはない。


欲を出して一攫千金を狙うと大やけどをしかねないが、基本をしっかりと押さえて長期投資を
心がければ、海外投資で年平均3%以上のリターンは十分に狙えるのだ。


まず、下のランキングを見てほしい。


これは日本、先進国、新興国それぞれの株式・債券に連動する商品に投資した際の、
過去8年間の平均年率リターン(円ベース)トップ5を掲出したものだ。


ダントツのトップは12.8%のリターンを叩き出した新興国株式。


利回りは日本株式の7倍に上る。その他の海外資産も軒並み3%前後のリターンを安定的に
稼いでいる。過去8年はリーマンショック、円高など、海外投資にとって悪材料も多かったが、
それでもこれだけの実績を上げているのだ。


もう一つ海外投資の追い風となっているのが、投資商品の充実だ。


販売手数料が無料のノーロード投資信託、コストが激安のETF(上場投資信託)など、手軽に
国際分散投資をできるツールがそろってきている。ネット証券を通じてこれらの商品を買えば、
毎月1000円から積立投資をスタートすることもできる。

続きはコチラから⇒


海外投資の魅力の一つに各種手数料の安が上げられます。


日本の証券会社をはじめとした金融機関で金融商品を購入した場合の手数料は外国と比較
するとべらぼうに高いんです。検討される価値は十分あると思います。









テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 海外資産 高利回り 海外投資

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。