スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







海外口座を開設するメリットについて



金融不安が依然として沈静化する気配がありません。


ギリシャ、アイルランド、ポルトガルときて、ついにスペインまでもが崩壊寸前の危機に
あります。あのフランスでさえ危機的状況を迎えようとしています。



当然のことながら世界的に景気後退が急速に進んでいるため、金融市場は大きく低迷して
います。回復の見込みはなく、出口戦略は完全な幻想です。



こうしたことから、国内に流通している投資信託などの金融商品も大きく低迷しいます。



景気の先行きも不透明なため、これまで以上に海外口座を開設する動きが高まっています。



世界的な金融危機により、一般の個人投資家の間でもリスク資産への投資から資産を保全
するための動きにシフトされ始めていることを如実に表しています。



しかし、資産を守るためとはいえ、何が何でも海外口座を開設する必要性があるのかと、
問われれば、やはり疑問が生じるところです。ですので、今回は単純に海外口座を開設
するメリットについて簡単ではございますが、解説させていただきます。



当然のことながら日本にいながらにして、海外口座を使う場合は、生活用口座としては
使い物にはなりません。何といっても、入金する度に海外送金することと同じですので、
一回の入金に数千円程度かかってしまうのは問題です。



HSBCやシティバンクで口座を開設することで世界中どこでも入出金が同じ条件化で
出来るサービスがありますが、単純に海外口座を開設するという意図からは外れます。



ですので、一般の方々が海外口座を開設するのであれば、長期間に渡って預金だけの
ためにのんびり行なうのが一番だと思います。具体的な銀行の選び方についてですが、
まず、当然のことながら、破綻する可能性がある銀行は問題外です。



英語が通じ、なおかつ、その国の政治経済が安定していて、税金が低く設定されている国
の銀行がよいでしょう。まとめさせていただきますと、まず英語が通じ、ネットバンキン
グに対応していて、なおかつ格付けも高い銀行が第一条件です。



次に、カントリーリスクの低く、預金している間は原則的に課税されない、もしくは税率が
低い国がよいでしょう。日本にいながらにして海外口座を開設している方の多くが、資産
運用および資産保全のために海外口座を開設しております。



利用方法としては、海外の金融機関の利回りの高さを利用して資産を増やしたり、海外
ファンドなどの金融資産を直接購入するためにもよいでしょう。



また、海外分散投資の意味でも重要ですし、仕事の関係で、頻繁に訪れる国があるので
あれば、現地の窓口で直接口座を開設されることをおススメします。



色々な意味で大変便利ですし、現地のサービスも受けれます。実際に高金利で有名な
オーストラリアの銀行の金利は平均して3%以上となっております。



もし、それ以上のリターンを望むのであれば、それ相当のリスクを覚悟する必要があり
ますが、現地の金融サービスおよび商品の中には高利回りのものが沢山あります。



上述したような形で海外口座を開設する場合は資産を増やすよりも、資産を保全したい
方に向いていると思います。もし、大きく資産を増やされたいのであれば、オフショアへ
の投資を検討されるのもよいかもしれません。








スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。