スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







為替市場で為替介入が行われる仕組み


基本的に外国為替市場では極端に相場が一方向に動くとバランスを取るために為替介入が行われます。
為替介入は外国為替平衡操作とも呼ばれています。為替介入は、これまで度々行われてきました。


具体的に為替介入はどのように行われるかについてですが、各国の中央銀行や財務省などの通貨当局
が外国為替相場を適正な状態に戻すことを目的に外国為替市場で通貨間の売買が行われます。


日本の場合は極端に円高が進んだ場合において、円相場の安定化を目的に財務大臣の権限において
為替介入が実施されます。そして日銀は財務大臣からの指示を受けて実務を行います。


テレビや新聞などのマスコミ報道では「政府・日銀による為替介入」といった形で報道されることが多いの
ですが、実際には上述したとおり財務大臣から日銀に指示が出されています。


政府は為替介入を行うための資金を調達することを目的に外国為替資金証券を発行しています。しかし、
無制限に発行されることを阻止するために毎年上限が設けられています。


このため、滅多やたらに為替介入が行われることがないわけですが、もし、今後さらに円高が進むような
ことがあれば行われるかもしれませんが、80円台を割るような自体になるまでは静観されると思います。


原則的に為替介入は滅多やたらに行われるものではありません。また、過去の例をみても一時的には
効果があったようにみえても長期的には大きな効果が得られないケースが少なくありません。







スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 外国為替市場 為替介入

外国為替取引の仕組と特徴について


依然として世界中の金融市場が信用不安が広がっていることから厳しい状況にあります。特に日本国債
の格付けが格下げされる方向で進んでいるため国内の金融商品はこれまで以上に厳しい状況です。


そうした中、今回は海外でのお金をやり取りする外国為替の仕組みについて簡単に解説させて頂ます。
日本国内では銀行法によって、基本的に為替業務は銀行以外は行うことができないようになっています。


そして、外国との間での決済をする仕組みが外国為替です。 基本的に外国為替とは外国の通貨と日本
の通貨、または異なる二国間の通貨を交換することをいいます。


外国為替には、銀行間の口座振替が使われます。 このように為替の決済が口座振替の機能を利用して
いる点は、 基本的には内国為替と同じですが、海外の銀行と取引している ことから外国為替といいます。


そして、日本国内の銀行は予め海外の銀行に預金口座を開設していて、 その口座の出し入れで決済を
行います。 外国為替取引が必要となるのは、例えば輸出入といった貿易における代金決済とか、企業の
本店と海外支店との間で行う送金や、または家族の生活費を海外へ送金する親族送金などです。


もちろん私達が海外旅行する際の外貨の購入とか、外貨預金や外貨借入金の元本と利息の受払などを
行う際にも使われます。 今では外国為替取引が日常的に行われています。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 金融商品

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。