スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







金融デリバティブの仕組みについて


金融デリバティブとは伝統的な金融取引である借り入れや預金、さらに債券売買、外国為替、株式売買
など相場変動制にともなうリスクを回避するために開発された金融商品です。


株式や債券、さらに為替といった現物商品の取引でなく、変動する商品の「価格」を主な取引の対象とし
ています。 株式、債券、為替、商品などの資産については将来の価格の予測が大変難しいです。


そして、これを価格変動リスクといいます。 このようなリスクを軽減するために、リスクを適切に管理する
ための理論よびツールがファイナンス理論や金融工学をもとに開発され商品化され現在に至ってます。


ただし、金融デリバティブ商品の中でも先物取引などは、はるか昔に大坂堂島の米の取引所において、
取引が実際に行われていたことも有名で、先人達の智慧には驚かされるばかりです。


基本的に、これまでデリバティブ関連の商品というのはプロの投資家が取引するものとされていました。
しかし、今現在では商品が小口化されたりして一般の個人投資家でも取引できる環境にあります。


また、デリバティブ関連の商品は投機性が高いので、誰にでもオススメすることができるわけではなく、
ある程度の投資経験が必要です。いきなりデリバティブ関連の商品での取引はリスクが高すぎます。


しかし、日本でもCFDが一般化されたことでデリバティブ関連の取引が簡単に行えるようになりました。
しかも取引手数料が株とは比較にならないくらい割安なのでCFDでの取引はオススメできます。








スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

債券の価格は市場にてこうして決まる


基本的に債券を発行するということは、お金を借りるために借用書を発行することと同じです。ですので、
国や企業などの 債券の発行者は債券の購入者からお金を借りることになります。


債券は小さな額面単位で不特定多数の投資家に向けて発行されることにより巨額の借り入れを行うこと
が出来ます。そして、債券の購入者は債券の発行者にお金を貸していることになりますので債券を購入
することによって資金を運用している投資家と考えられます。


そして、資金調達するために発行するという点では、株式と目的は同じとされていますが、予め利率や、
満期日などがきめられて発行される点が大きく異なります。


また、債券市場は債券の機能から発行市場と流通市場に分けられております。そして、一方の発行市場
とは、新たに発行された債券が取引される市場を指しています。


一方これに対して流通市場とは既に発行された債券、既発債ともいわれております。そして、これが売買
される場所を示します。流通市場を通じて、妥当な債券価格が形成されています。


こうした、国債や社債などの債権が発行される仕組みは万国共通です。金利変動によって大きな影響を
受けますので、当然のことながら世界経済の動きを無視することはできません。








テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 海外投資 外貨投資

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。