スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







市場介入による為替の変動について


今現在、とてつもないペースで金融危機が拡大しているため、世界中
の金融市場で混乱が続いているわけですが、こうした影響から為替
相場も極端な外貨安円高が続いています。



こうした緊急時に自国の通貨を適正な水準に維持する手段として政府
や中央銀行が外国市場で通貨の売買を行ないます。



そして、これを「市場介入」といいいます。上述した通り極端な円高が進
んでいることから貿易面で世界中の国々に不利益を与えることになりか
ねないため、市場介入が行なわれようとしています。



実際に為替レートは、色々な要因によって変動するのですが、極端に
一方向に進んでしまいますと、大きな弊害を生むことになります。



そして、極端な円高や円安になると輸出入業者に大きな影響を及ぼす
ことになるのですが、こうした事態を想定して、為替予約をおこなったり
するわけですが、損失を抑えるのにも限界があります。



特に日本経済は輸出に依存して成り立っているため、今現在のように
円高ドル安が進むと必然的に輸出する製品が割高になります。



現地で他国との製品と見比べて明らかに価格面で不利となりますので、
トヨタやキャノンのような優良企業も大きな打撃を受けます。



ですので、経済を安定させるためにも為替を一定の水準まで引き戻す
ために国が主導する格好で市場介入が行なわれるのです。



そして、外国為替市場や株式市場では、市場介入はプラス材料として
受け入れられるケースが多いです。







スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

通貨分散する際の注意点について



実際に海外分散投資の手段としてスワップポイントを狙ったFX取引
で複数の通貨ペアに投資するのも一つの手段です。



しかし、注意しなければならないのは為替変動リスクです。相関性
の高い通貨ペアを保有しても分散効果は低いので、せっかくこれま
でに積み上げてきたスワップポイントが飲み込まれてしまいます。



ですので、まず相関性の低い通貨に分散して投資することと、為替
が大きく変動した場合には、為替差損をスワップポイントでカバーす
ることはできないと心得た上で取引する必要があります。



この点をしっかりと考慮して取引する必要があり、そしてポジション
を立てる前にどれだけリスクを取ることができるか検討します。



そうした上で、円高が進んだ場合にどの水準までなら耐えられるの
か明確にした上で適切なポジションを建てます。



そして万が一円高が予想を超えて一気に円高が進んだため、追証が
発生してしまった場合でも難を逃れるための資金はしっかりと確保し、
ぜったいにその資金には手をつけないようにしなければなりません。



また、一方は含み益がでているにも関わらず、もう一方のポジション
に含み損がでている場合はポジションを閉じてからポジションを取り
直すことで損失を抑えながら投資効果を高めることができます。



基本的にスワップポイントを狙ったFX取引は為替差益を狙ったFX
取引とは手法がことなりますので、十分注意する必要があります。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

商品ファンドの投資効率の高さについて

昨年後半から今年の夏ごろまでは商品先物市場にファンド筋の資金
が大量にながれたため商品市場は文字通り活況でした。



しかし、金融恐慌によって世界的に景気減速が加速することとなった
のでリスク回避のため資金の流出が加速しました。



こうしたことから、一部の商品を除いて商品市場全体が低迷している
わけですが、新興市場が成長していく過程で商品需要が今後も高ま
る可能性がたかいので今現在は良い調整時期だと思います。



ですので今回は、商品先物を中心に運用している商品ファンドについ
て誠に簡単ではございますが解説させて頂きたいと思います。



商品ファンドの代表的なものとして、商品指数ファンドがあげられるの
ですが、商品ファンドの特徴としましては商品市況の影響をモロに受
けるため、変動率が高いことを念頭に投資する必要があります。



事実、今年に限ってみれば金融不安がこれほどまでに浮上するまで
は比較的順調に推移しておりました。そして7月に入ると原油価格が
下降し始めたことで一気に商品市場全体が下降しています。



しかし、その後、原油価格が低迷している中で金の安全資産としての
魅力が高まったことを受けて、金の価格が大きく上昇したのです。



そして、商品ファンドの特徴として、株や債券との相関性が低いことが
あげられ、今現在のような状態であれば魅力的です。



しかし投資額が10万ドル前後と非常に高いので、誰でも気軽に投資
できるものではないのがネックとなっております。



もう少し低額の物として、商品先物系のファンドオブファンズがあるの
ですが、これらのファンドのリターンは非常に高くなっており、30%前
後の利回りの物がゴロゴロとしております。



そして、上述したとおり、商品系のファンドは高額ですが、これらの中
には、1万ドルから投資できるものもあります。



ですので、ハイリスクハイリターンの典型ですが、ポートフォリオの中
に商品系ファンドを組み込むことができます。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ファンドオブファンズ

スワップを狙うのが難しい局面へ


ニューヨーク株式市場でダウ指数が8000ドル台に突入し、今日の
東京市場は日経平均株価が後を追うように8000円台に突入する
こととなり、すでに金融恐慌のレベルにあります。



こうした影響から外国為替市場で各通貨の為替レートが大きく動い
ています。その中でも特にニュージーランドドルや、オーストラリア
ドルなどのオセアニア通貨が大きく下落しています。



特にオーストラリアドルは大きく円高が進むこととなり、80円台半ば
にあったのが一時64円台まで下落することとなり、たったの1週間
で20円も円高になる非常事態となっています。



昨年の8月のサブプライムショック同様に今回の株価暴落と、円高
局面のダブルショックによって、長期でスワップポイントを狙ったFX
取引を行っている投資家は大きな痛手を被っていると思います。



これまで何度もスワップポイントを狙った取引の場合は極端な円高
に耐えられるポジションを取るべきと説いてきました。



しかし、金融恐慌と呼べるレベルにまで到達するとそんな悠長な事
はいっていられないようです。このような極端に円高が進む状況下
では高いレバレッジを設定するのは無謀すぎます。



このような過去に無いレベルにまで金融不安が広がると冷静な投資
判断を取ることは難しいですので、迷いが多い状態で勝てるわけも
ないので無理に相場に入ることは控えるべきだと思います。



当面はG7でどのような協議が行なわれるか市場の最大の関心だと
思いますので、来週は市場の反応を観察すべきだと思います。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。