スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







金融市場の信用不安回避へ




福田総理も参加した世界経済フォーラム年次総会が無事終了
したのですが、金融機関の追加損失に対する懸念や米景気対
策をめぐる不透明感を背景に金融危機が高まっております。


参加した多くの金融関係者から悲観する声があがってます。


大きな損失を計上したシティや、メリルリンチのトップも今現在
世界の金融市場の状況を悲観しております。



事実、米住宅問題は今年も悪化する公算が高く、今後更に利下
げや大規模な財政出動を行ったとしても景気の下振れ圧力を相
殺できない可能性が高いとされております。



今まで、楽観視した声が多かったのですが、ここに来て悲観視
する声が急激に高まっているのが印象的です。



依然として、サブプライムローン問題を中心に世界経済の下方
リスクが高まっている状態には歯止めがかかっておりません。



ようやく、米国でも解決にむけて具体的な政策がとられようとし
ている状況下でクレジット市場の問題が個人消費セクターに
波及しつつあることは否定できません。


資本市場が混乱前の水準に回復することは難しいと思います。


世界経済の混乱は長期化する可能性がここにきて高まってます。


しばらくはポジションは縮小するのが良いかもしれません。





応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ




投資は自己責任でお願いします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

資産運用が分かる海外分散投資入門トップへ







スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

お役立ちサイト(1)





(1) クレジットカード(シャープ)

http://www.c-recipe.biz/


クレジットカード(シャープ)は、クレジットカードの比較兼申し込
みに関するサイトです。主に節約という観点からクレジットカード
について分りやすくコメントしています。


比較できるところは徹底的に比較しているので、他のクレジット
カードサイトよりもカードを選びやすいと思います。




(2)  素材(シャープ)

http://www.c-sozai.biz/


素材(シャープ)は、クレジットカードの文章素材サイトです。
コピー&ペーストでクレジットカードサイトが完成します。


また、クレジットカードのテーマごとに情報源を用意しました。
効率的にクレジットカードサイトを作成することができます。




(3) クレジットカード?

http://c-recipe.main.jp/


「クレジットカード?」は、Wikipedia風にクレジットカードに
ついて解説されたユニークなサイトです。


実際にクレジットカード会社に26年の勤務していた経験を
持つ管理人がクレジットカードに関する疑問に答えます。




(4) クレジットカード%

http://www.c-recipe.biz/hand/


クレジットカード%では、クレジットカードの基本はもちろん、
勤務経験がないと提供できない審査情報やクレジットカード
比較のポイント、最新の業界 ニュースから雑学まで。


カード会社勤務歴26年の管理人がクレジットカードに関 す
るあらゆる情報を提供します。





(5) クレジットカードクチコミ掲示板

http://www.c-recipe.biz/kutikomi/


クレジットカードクチコミ掲示板では、クレジットカード保有者
のナマの声を掲載するとともに、クレジットカードのサービス
を徹底解説しています。





(6) クレジットカードエピソード

http://episode.blog-recipe.info/


クレジットカードに関するエキスパートである管理人さくらが
クレジットカードの雑学から役に立つ知恵までを分かりやす
くまんべんなく紹介・解説しています。





(7)クレジットカード覚書

http://oboegaki.blog-recipe.info/


クレジットカードに関するエキスパートである山ちゃんがクレ
ジットカードをぶった斬ります!


クレジットカードの一般的な知識からお得なクレジットカード
活用法までQ&A方式で解説しています。









商品市場拡大に期待


【資産運用が分かる海外分散投資入門】



商品系ファンドは、今のところ日本では全くといっていいほど
注目されていませんが、サブプライム問題により、大きく揺さ
ぶられた株式や債券市場と商品市場は大きく異なります。



また、今後、原油や、一部の穀物はすでに上昇余地がないと
ころまで上昇していますが、金をはじめとした貴金属などには、
今後も各金融市場から資金がシフトされることが期待されます。



また、商品市場は、実体経済ともリンクしているので、インフ
レ化懸念されていることから、大きく反映されることとなり、今
後市場全体が拡大することになるかもしれません。



そして、商品ファンドは、株や債券を購入し、価格が上昇する
ことをひたすら期待する投資信託やミューチャルファンドとの
相関性が低いことから、今の時代にはあっていると思います。



なので、株式や債券を中心に運用されているファンドを保有し
ながら、ポートフォリオの一つとして、商品系のファンドを組み
込むのも一つの手だと思います。



価格は割高ですが、今後商品市場が拡大されることが期待さ
れているので、一般の投資家を囲むために価格を抑えた商品
が登場するかもしれません。



事実、最近の金高騰を受けて、各金融機関から金投資に関す
る問い合わせが連日殺到しているようです。



こうした動きを見逃すわけがないので、一般の方が購入しや
すい商品ファンドが近いうちに発表されると思います。




応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ




投資は自己責任でお願いします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

資産運用が分かる海外分散投資入門トップへ







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株式

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。