スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







米ドルの基軸通貨としての脆弱性とは?



日本のバブル崩壊後の状況と似たような様相を呈している今現在の米国経済ですが、
金融不安に関する対処法に関しては日本の何倍も速さで取り組んでいます。


この点は評価できるのですが、実体経済には反映されていません。


金融だけ太らせても実体経済は潤わないということがようやく分かったようです。


そんな中、依然として米ドルというか米国債などの米ドル資産が大きく売られてます。


実際に、これ程までに大きく低迷することになったのは、サブプライム、リーマン
ショックを生み出した構造だけではありません。


すでに巨額な赤字を抱える米国の経済体質から、米ドルの基軸通貨としての信用が
大きく揺らいでおり、今後も金融市場が疲弊するにつれて混乱が増します。



事実、数年前に行われた湾岸協力会議(GCC)におきまして、結論は先に見送られたものの、
加盟国通貨のドル連動停止が議論されました。


これはまさに、基軸通貨の地位が揺らいでいることを象徴するニュースです。


そして、ドルはこれまで貿易の決済通貨とされていたことにより、巨額の貿易赤字
の制約を交わすことが出来たとされています。



もし、今後、産油国の通貨がドルペッグを停止すれば、原油の決済通貨もドルでは
なくなる可能性が今なら十分あります。



そうしますと、それに追随して他の貿易の決済通貨もドル離れが進むこととなりま
すので、米国経済に大打撃を与えることになります。



ですので、仕方なく先送りされたのだと思います。



また、貨幣は貨幣としての信用があるから貨幣として扱われるのであって、そうで
なければ、ただの紙切れとなってしまいます。



ドルが基軸通貨であるのも、他の国がドルを基軸通貨として使っているからに過ぎ
ないので、もし信用が落ちれば世界中の国々が、対応策を打って出ます。


事実、ドル決済態勢に対抗すべく、欧州はユーロを生み出すこととなりました。


また、ロシアは決済をルーブルで可能としました。


投資をする上で分散投資が重要視されます。


そして、仮に分散している場合でもドルが基軸通貨でなくなった非常事態にリスク
の軽減ができるだけの分散ができなければ意味がありません。



もし、今後10年以上の長期投資を考えるのであれば、こうしたことも考慮しなけれ
ば、たとえ長期といえど難しい局面を迎えることはさけられません。。



日本が明治時代くらいまでポンドの力が圧倒的に強かったことを考えれば、そろそろ
ドルの時代が終焉をむかることになったとしても全く不思議ではありません。

「PR」 ダイニングテーブル 通販







スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 海外投資 資産運用

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。