スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







バブル崩壊で資産運用が大きく変化


1990年代初頭からバブル経済の崩壊によって、一般的な「お金」
に対する認識がこれまで以上に大きく変化しました。



それまでお金はただ貯めるものであり、お金を預けている郵便局
や銀行は安全便利な金庫のような存在になっていました。


しかし、バブル経済の崩壊で、そういった状況が一変したのです。


そして、バブル経済崩壊によって巨額の不良債権を抱えた銀行が
破綻する事態となり、銀行の安全神話が完全に崩壊しました。



バブル崩壊は長期にわたる日本経済の低迷をもたらすとともに、
失われた10年ともよばれる深刻なデフレをもたらしました。



景気低迷による収入源により、高齢化の進行などもあって、貯蓄
を取り崩して生活費に充てる世帯が増えました。



こうした状況下で、国内の金融資産に投資するのは、非常に危険
です。全てとは言いませんが、最低でも保有している資産の3分
の1程度は海外資産を保有されるべきです。



FX取引で得た利益を、そのままポジションを拡大せずにある程度
まとまると、海外口座に送金される方が増えています。


こうした運用が今後主流となることを期待します。


【海外投資】 日本だけでお金を運用するのはもったいないです




※投資は自己責任でお願いします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

資産運用が分かる海外分散投資入門トップへ







スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 海外口座

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。