スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







マイナー通貨へ投資する際の注意点


FX取引をはじめとした外貨投資の魅力はなんといっても、国内の金融機関では考えられない
ほど金利が高い点があげられますが注意点があります。


主要国通貨の金利は一部を除いて低迷しています。


しかし、FX取引の場合は証拠金取引であることからレバレッジをかけることが出来るので、
さらに運用効率を高めることができます。



FXでは頻繁に売買を繰り返すことによって為替差益を狙う投資家も多いですが、安定した
利益をえられるようになるにはそれなりの場数を踏む必要があります。



一方で、売買をそれほど頻繁に行わなくても通貨を保有することによって毎日加算される
スワップポイントを狙った取引もFX取引の大きな魅力とされています。



しかし、米ドルが量的緩和されたことによって、日米の金利差がなくなるという異常事態
にありますし、今後も円高傾向に歯止めがかかる可能性は低そうです。



これにともなって主要国通貨は金利が大きく低迷していることから、必然的にマイナー通貨
への投資が注目されていますし、実際に世界中のマネーが新興国に流れています。



事実、ここ数年の間に南アフリカランドやトルコリラへの投資は注目が集まっているので
すが、注意しなければならない点が沢山あります。



特に気をつけなければならない点はマイナー通貨の金利は非常に高いので、魅力は魅力
ですが、内政が不安定な国が多いというマイナス点があります。


エジプトの例を見ても顕著ですよね。今後こうした動きが広がる可能性があります。



そして、経済の中心から外れていることもあって情報があまり入ってこないので、経済
指標の発表時などに思惑が大きく外れることもしばしばあります。


ですので、エントリーする前にしっかりと売買ルールを設定する必要があります。


実際にそうしないと塩漬けとなってしまう可能性が高まります。


いくら金利が高くても最悪の場合はポジションを大きく減らすことになりかねません。


こうした事態を避けるためにも経済指標およびテクニカル指標に基づいて、為替差益を
期待してエントリーした後に指標が悪化した場合には損切りもしくは利益確定の決済を
すべきです。大きく動くだけに迷いは禁物です。



そして、スワップポイントを期待してエントリーした後にスワップが大きく低下したり、
マイナスになった場合には、他の通貨への投資を検討するべきだと思います。



もし、この時に迷いが生じて中々決断を下せない状態にあるのであれば、とりあえず
半分だけでもポジションを閉じるなどして、動きやすい状態を整えるべきです。



また、マイナー通貨以外に良い投資先が見つからないのであれば、高金利通貨に固執
しないで主要通貨に投資先を変更するのも一つの手です。







スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : トルコリラ 南アフリカランド

さらに詳しく調べる


 検索例  
円高 海外投資 口座開設などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム



ユーザータグ

海外投資 外貨投資 資産運用 FX 海外資産 クロス円 外貨商品 海外ETF 海外口座 為替 円安 南アフリカランド 日経平均株価 投資信託 債券 ユーロ 株式 トルコリラ  ファンドオブファンズ 円高 米ドル 外国債券 為替介入 外国為替市場 高利回り 新興国公社債 再投資 配当 為替リスク 外国投資 通貨 メリット 金融商品 海外ファンド 外貨預金 外国株式 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。